数年前から続く左膝の違和感と、去年の左足首の捻挫

これが結構やっかいで、地味にじわじわと痛みだす事があるから困る。
左ひざと足首の現状は病院で見てもらっても異常はみられないよう。

安静にして対症療法としてリバビリ的な治療を続けていれば改善はしますよと言われたものの、定期的にリハビリに通うのはやっぱり難しく、今はボルタレンで回復をはかっている次第です笑

と笑ってはいるけれどもボルタレン侮るなかれ、なかなか効いているんじゃあないか?という気がしているのでこれはこれでよいのです

この怪我が完治するまで全く運動しないのかというと、それは気持ち的に不満であるし、誰かとスポーツをする事もあるわけでそういうときにテーピングをしっかりと行うことで、その場の状態とそれからの状態をある程度自分でコントロールできるようにならないといかんなと思い、テーピングの教本を買ってきました

基本的なテーピングの仕方から、各部位の症状にあわせた巻き方をチェックできます。

ボルダリングをするときには指[p171]、手首[p162](膝、足首へもたまにする)

マラソンをするときには膝[p112]と足首[p68]

pXXXは教本のページ数です。

簡単なテーピングですが、これするだけでだいぶ違いますね。

怪我をしてから再発防止のためのテーピングはもちろん大切ですが、怪我を予防するためのテーピングも必要だと思います。

ボルダリングをして(おそらく)左の中指、薬指関節に負荷をかけすぎたのか、慢性的にぱきぱき音が鳴り、ひっかかるようになっていましました。
これも酷使する部分に事前にテーピングを施しておけばならずにすんだかもしれませn。

ボルダリングをしていて、ちょっと不安に感じている方は、次回からテーピングをする事をお勧めします。

★指に使うテーピング

★手首に使うテーピング

★膝に使うテーピング

★足首に使うテーピング

ただまあ、全部この通りに買う事はないと思います。
テープの幅も、個人の体格や使用感で選ぶべき物だと思うので。
キネシオ50は広範にわたり使用できるので1本持っておいて良いかもしれませんね。