壁掛け時計を新調しました。

いままでは、caocaoという壁掛け時計を使っていました。

変わった見た目に惹かれて購入したのですが、やはり、見た目通り、実用性に少し欠けるというか、時間が見づらくって困るなあというのも本音です。

「正確な時間がわからない」ので、果たして時計と呼んでいいのかどうか、そんな感じで、ただインテリアとして壁に存在している。
そんな状態でした。

といいつつも、2年ほどつかっていた(かかっていた)ので、よくまあ飽きずに付き合えたなあと。

時計は時計で、しっかりしたものを買おうと、アルネヤコブセンの「BANKERS WALL CLOCK」も考えましたが、「機能的であること」を重視して「STATION WALL CLOCK」にしました。

便利な時計を買うなら、SEIKO、CASIO、ブラウン等々の手頃な時計はたくさんあります。

それらには時を計る以上のプラスαの機能として、電波補正、夜遅くになると秒針が止まる仕様(カチカチ音がすると寝れない人もいるので)、点灯する、蛍光版、等々がついていたりしますね。

それらと比べるとSTATIONは極々シンプル(秒針もない)なので、その割に値段が高いとも感じられますが、それだけの価値があるものだと思います。

この時計の見やすさは評価するまでもありませんが、他のシンプルな時計と存在感を画するところといえば、品のある佇まいでしょうか。

ただ見やすいだけじゃなくて、針の形、数字のフォント、大きさ、すべてにおいて均整が取れているのか、とても上品な印象を与えてくれます。

nordic feelingの店舗で観れますのでぜひとも足を運んでみてください。

きっと欲しくなりますよ。