かっぱ橋道具街について
先々週の話ですが。

前々から行きたいなーとおもっていたかっぱ橋道具街へ
田原町駅と入谷駅を結ぶ商店街に、料理道具・食器・製菓・サンプルなどなど様々な物を扱う店が並んでいます。
調理器具を求めにやってくる一般のお客さん、商店で扱う看板や什器を探しにくる人、観光で来る外国の方、、
寒い日でしたがたくさんの人でにぎわってました。

食品サンプルのお店で売っていた「ベーコンしおり」は衝撃的でした。
もう見た目はまんまベーコンのしおり。
あれ本に挟んでるの見たら驚くわ。

欲しかったけど買い忘れた、あとで買いたくなった物もあるので、それはまたの機会に。

全身金色の川太郎像をみるのだけでも、かっぱ橋に行く価値あると思いますよ。

かっぱ橋の由来
合羽橋の由来には二つの説がある。
その一つは、今から160年ほど前の文化年間のころ、この一帯は、水はけの悪い土地でたびたび出水を起こしていた。
そこで、合羽川太郎(本名:合羽屋喜八)は、私財を投じて排水工事に着手したが、工事はことのほか難航した。
昔、川太郎に助けられたことのある隅田川の河童達は、これをみていたく同情し工事を手伝ったおかげで、掘り割り(当時は新堀川と呼ばれた)は見事に完成した。
この故事にちなんで「合羽橋」としたというものである。
もう一つの説は、今の金竜小学校のあたりにあった伊予新谷の城主、加藤家下屋敷に住む侍や足軽が、内職に作った雨合羽を近くの橋で乾かしたことで、「合羽橋」とよばれるようになったというものである。

川太郎が河童を助けた説を信じたい。

●田原町駅から出てすぐの案内。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●丁寧だけど雑に訂正された駐車場看板
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●かっぱ橋道具街入り口
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●狸の箸置き
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●今度包丁研いでもらおうかな
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●かまた刃研社のマスコット
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●すごいのいた。合羽川太郎。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かっぱ橋道具街の店店をじっくり見ながら歩いていると結構時間のかかるもので、
片道歩いたところでどこかで休みたいなーと言ってたらちょうどよいところにカフェがありました。
●「Bridge」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA