By: d_pham

Q:iPhone5のバッテリーを無料で交換してもらえるって本当ですか?
A:どこかでそんな噂を聞いたことがありますがもしかしたらただの都市伝説かもしれないのであまり期待しないほうがいいかもしれませんね。

iPhone 5 バッテリー交換プログラムってご存知ですか?

僕は知りませんでした。
しかも知るのが遅かったために悔しい思いをしました。非常に悔しい。

iPhone 5 バッテリー交換プログラムとは

iPhone 5 バッテリー交換プログラムとは

ごく一部の iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明しました。影響が確認されているのは、2012 年 9 月から 2013 年 1 月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 5 です。

お使いの iPhone 5 にこのような症状が見られ、下記の対象製品の要件を満たす場合は、iPhone 5 のバッテリーを無償で交換させていただきます。

対象製品
お使いの iPhone がバッテリー以外の機能は正常に動作しており、バッテリーにのみ上記のような症状が見られる場合は、下のボックスにシリアル番号を入力して本ブログラムの対象となるかどうかをご確認ください。

なんかバッテリーの調子、おかしいよなと感じている方はいますぐにシリアル番号をチェックして、交換対象かどうかを判定しましよう。
いますぐに!

交換期限は3年です

製品に不具合があると認めておきながら(と”僕”は書いていますがapple側は「不具合あるので対応します」というような書き方は一切していませんし、このような症例がでる”可能性”があるみたいだから、くらいな言い方なので不具合を認めたなんてスタンスでは決してないと思いますし、仕方ないけど無償で交換してやるよくらいな感じでしょうね)、買ってから3年以内に申告しないと対応しませんよ。という神対応です。
3年を1日でも過ぎていたら交換対象外になります。容赦なく。
これはもう、apple storeで直談判してもどうにもなりません。どうもすることもできません。
厳格に3年です。
3年1ヶ月だった僕は問答無用で対象外でした。
しかしながらリンク先の判定ではシリアル番号が対象か否かしか判定してくれないので、期間の判定はapple storeでしてもらうか、自身で購入した日を覚えている前提で何日経過しているかを算出するしかありません。

追加情報
修理/交換は製品をお買い上げいただいた国でしか受けられない場合があります。

本プログラムの対象になると思われる iPhone 5 のバッテリーをすでに有償で交換された方は、返金についてこちらからお問い合わせください。

この全世界共通のプログラムは iPhone 5 の通常の保証期間を延長するものではありません。

このプログラムは、iPhone 本体の最初の小売販売日から 3 年間、対象となる iPhone 5 バッテリーに適用されます。

こういうのを追加情報として記載するのはどうなんでしょうね。

まあできないものはできない。
仕方のないことなので、HUAWEIのG620Sを購入してそちらに移行することにしました。
さようならアップル。