vivaloの小ギアを固定ギアからフリーギアへ交換する作業のまとめ その1。固定ギアをはずすとこまで。

フリーギアに変更する理由

固定かフリーかは好みの問題だけれども、固定ギアからフリーギアに変えることにした。長いこと固定ギアで乗ってきましたが、やっぱり街乗りで固定ギアは危ないよなあと思うわけで。固定ギアは乗っててたまに怖い。フリーギアは固定ギアよりはそりゃあ安全だろうと。

固定ギアに乗るからにはそれなりに気をつけて乗るから固定ギアのせいで事故ったなんてことは”まだ”ないけれど、これからも無事故で居られるかなんてわからないし、もう無茶もしてられないしなあという状況なので固定ギアを卒業する。

使用工具

  • BIKE HAND(バイクハンド) ペダルレンチ/ボックスレンチ (ブラック) YC-161
  • SHIMANO(シマノ) TL-SR22 [Y12189010] スプロケット戻し工具(1/2″×1/8″)
  • ケミカル

  • ワコーズ BC-S ブレーキ&パーツクリーナー スーパージャンボ A180 840ml A180 [HTRC3]
  • その他道具

  • 歯ブラシ
  • ぞうきん
  • キッチンペーパー
  • 軍手
  • 作業着手

    愛車のvivalo
    DSCF0250

    後輪を外す
    チェーンがサビサビなので別の機会に新調する予定
    DSCF0254

    ハブはGRANCOMPE。固定両切り。
    ひとつは19T
    DSCF0257

    もうひつとは17T
    DSCF0256

    ハブナットは錆び錆びで、がっちがち。
    このあとクリーにングして、グリスアップします。
    というか、あたらしいのをかったほうがよい。
    DSCF0253
    DSCF0252

    ロックリングをはずす。
    DSCF0259

    かくっと、ゆるませて、あとは手ではずす。
    DSCF0260
    取り外したロックリング
    DSCF0261

    スプロケ戻しで、小ギアをはずす。
    かくっとゆるめば、あとは手ではずす。
    DSCF0263

    裸になったGRAN COMPEのハブ。きたない。
    フリーギアを取り付ける前に、クリーニングします。
    DSCF0264

    before
    DSCF0274

    after
    DSCF0275

    次は、フリーギアの取り付け