選択することのできない、皇帝でいることしか許されない人生を強いられ、皇帝としてあり続けることにしか意味を見いだせないような孤独な人生を送ってきた溥儀の、晩年を迎えた穏やかな表情を見るに、人生とは何かと考えてしまいますね。

自身を支えてくれていた人を留めるすべを知らず、
消えていくその人を追いかける溥儀の姿の寂しさたるや。

音楽もいいやなあ