(編集中)
tsutaya discalを使ってみて、わかったことの覚書。
サービスを利用しようか迷っている人の参考になれば。

ぼくの利用環境

どこに住んでいるかは結構重要だと思う。物の配送に大きく影響する場合もあるかもしれない。

  • 埼玉在住
  • 最寄り駅にTSUTAYAリアル店舗有り
  • リアル店舗にも行きますが、省スペースワンフロア店なので品揃えはそれなり。

きっかけ

初月無料サービスがあったので試しに登録してみた。なかなかよかったのでそのまま継続している(途中利用停止期間あり。結局再開した)。停止手続き等もそれほど面倒ではないので試しに登録してみるのはアリだと思います。

使い方

CDをメインに使う

借りた分を返却しないと次の商品が発送されない仕組みなので、コスパを重視するなら、CDを借りて即返却を繰り返していくしかない。DVDを借りてその日のうちに見れるのなら問題ないが。

いいところ

店舗に行かなくていい

やはりこれが一番のメリットだと思います。受け取りは自宅のポスト。返却は街中のポスト。どこでもいい。僕は朝の通勤時に、駅前にあるポストに入れてます。

在庫薄の商品も手に入る

実店舗でも「リクエストお取り寄せサービス」を利用すれば棚にない物でもレンタルすことは可能ですが、利用するには実店舗に足を運び、所定の申し込み手続きを経て、取り寄せまでの期間を待って店舗にて受け取りとなります。また、このサービスは利用料が発生します。しかも店舗ごとに料金設定が異なる?そういった面倒なあれこれをすることなく、とりあえず在庫薄の商品をリストに入れて、優先度高めにしていつか届くのを待つ。というのも悪くない。

お楽しみ感覚

次に何が発送されるのかは発送されるまでわからない。欲しい商品に優先度をつけてリストに登録しておくことができるのですが、発送確定タイミングでの在庫状況など 1により、優先度の通りに商品が発送されるとは限らない。 2。あれとあれを発送したよというメールが届いて初めて「お、あれが来るぞー」となる感じは、ちょっと楽しい。
 

悪いところ

いますぐ観たい・聴きたいはかなわない

すぐ手元に来るわけではない。リストに登録して、最短でも2日はかかると思います。

何が届くかわからない

これが不便だと感じる人はもちろんいると思う。

一度で2作品までしか借りられない

おそらくこれが採算とれるラインなのか?。2作品というのは、ちょっと少ないな。正直なところ。

お目当てのもの意外との出会いが減る

店舗での偶然の出会い。みたいなものは減る。

結局レンタルし放題じゃあない

一度に2作品で、発送のリードタイムがあるので、一ヶ月でレンタルできる数は限られてしまう。レンタルし放題ではない。とてもスムーズに行って、一月で20作品いくか?という感じ。

実績

2016年12月

16作品

良い使い方

毎月2000円分もコンスタントに借りないしな
という人もいるかと思います
そういう人は、とりあえず欲しいものが手に入ったならサービスを停止してしまったほうがいいです
停止する場合は、日割の返金等はないので、一月まるまる使ったほうがお得です。
借りたものをすべて返却完了させて、月終わりギリギリでサービスを停止
翌月使うことがなければそのまま放置
1月か半月ほど放置していると、再開してくれたら1付き無料
というような案内が来るかと思います
そしたらそのタイミングを見計らって再開すれば
お休みの月もありますが、利用付き分は1000円で収まることになります。
これはなかなか

届いた翌日朝、通勤途中で返却するとして
届いた日 取り込み
翌日返却
翌々日返却完了
 +もう一日くらい
次作品発送
次作品到着
発送されてから届くのはすごい早い
だいたい翌日に来る

一方で、返却してから届くまではちょっと時間かかるかな

ワンクール5日として、
一回2作品*30/5日=12作品
感覚としてはもうちょっと借りられている
一回2作品*30/4日=15作品

くらいでしょうか

いまだと旧作1枚100円なので、月2000円で15枚前後は、
単価だけで見るとちょっと損に見えますが、面倒な部分が解消されていると考えると
なかなかいいサービスなんじゃないかな
と個人的には思っています

注意

・途中で利用を再開する場合は、日割で料金が発生します。

Notes:

  1. それ以外にどんな要素があるのかは知らないので
  2. ただし、この商品が発送されるまで、他の商品は発送させない。というロック機能もあるので、商品の発送順を制御することは可能です。そうした場合、発送までの時間が最短にはならなくなると思いますが。