師走

年の瀬

もうそろそろ2016年も終わりを迎える。年を跨ぐ前に、できれば今年中に済ませておけたら気持ちがいいなということが二つ三つ、では済まないくらいにはたくさんあるのですが、今日はそのうちの二つを消化できた。

1つは、靴の修理。

毎日仕事に履いている革靴のかかとがすり減って、みためも、機能的にもよろしくない状態だったのでなんとかしたいなと日々思っていた。今履いている靴は、決して高いものではない。むしろ安い。

ABCマートで一足7〜8千円ほどで買ったものだと思う。型の違うものを二足買って、交互に履いている。買ったのは今年の春前、だったかと思う。そんなにいい靴底でもないので、すり減るのも早い気がしている。致し方ないが。

1年弱履いて、ちょっとお疲れな靴を労おうと、今年1年間、文字通り僕を支えてくれていたこの二足の靴にお返しをと近くのミスターミニットに持って行った。、もちろん来年もまだまだお世話になる靴ですから。ソールの修理と簡単な磨きをしてもらって、二足合わせて6000円也。3時間ぐらいで返ってきた。

こういったタイプの靴は、もともとからして修理して履き続けることを想定していないので、うちで修理するにしても限界があるんですよね、と店員さんにも正直なところを教えてもらい、修理されたいまの綺麗な状態が年を越していつまで保たれるのか、という感じ。来年は、ちょっといい革靴を一足追加して、しばらく三足でローテーションを組めるといいなと思った次第。

来年の楽しみができたような。別にとびきり高いものを買うつもりもないので、それなりなお値段で、ちゃんと長く履き続けられるような靴に出会えるといいなと。

二つ目は、時計の修理。

電池の切れたskagenの時計と、リューズの外れてしまったジラールペルゴのアンティークの時計。この二つを眠らせておくのはもったいないな、と思いつつ、お店に持っていくのはなんだか面倒でずっと棚にしまわれたまま今日を迎えた。気に入っているのに使えないのはもったいない。

町の時計屋さん、というのがぴったしな印象の、駅からちょっと歩いたところにあるお店に持ち込んだ。お店はいつからやっているのか知らないけれど、おじいちゃん二人だけでまわしているというそのお店の、気持ちのいい空間は、一目惚れにちかい印象を与えてくれた。とっても気持ちがいいお二人だった。

電池交換の方は造作もない仕事なので、さっと終えて、いくらいくらだよとお会計を済ませる。もう一つの、ジラールペルゴのリューズについては、白いやつならサイズの調整とかもせずに着くと思うけどどうするかい?ときかれたので、純正のリューズじゃないと嫌ですとか、銅製じゃないといやですとかそんなこだわりもなかったので、ちゃんとうごくようになってくれれば白でもなんでも構いませんよと。こちらはすぐにできるものでもなかったので、年明け11日までお預かりで、それ以降に受け取りに来てくださいと。名前言ってくれればオッケーよと。二人だけでやってるから覚えてるからと。

もうなんていうか。すべてがよかった。この感じは実際にお店に行ってお二人に合わないとわからない。

今日はなんだかいい1日だった。