坂道のアポロンをみて「ジャズってかっこいい」って思ったから。

興味を持ったきっかけはそんなもので、もっと知りたい・イイものを聴きたいと思っていたらちょうどよくPOPEYE ジャズと落語。が並んでいて手に取ってみて中を覗いてこれは買いだなとすぐにお会計を済まして家に帰ってちょっとずつ読み進めている。

落語もついでに、と言ったら怒られそうだけど

著名人のジャズ、落語への思いを読むのも面白い。おすすめの噺家やアルバムを実際に聞いてみて、やっぱり面白い。

ジャズと落語は似ているか?それはおいといて、とにかくどっちもいいもんだ。

覚え書きとして書いておくけど、コメント読むために本を読んだほうがいい

立川志の輔
人生とやらをちょっぴりわかった気にさせてくれるもの。
立川志の輔師匠のジャズへの入り口
Lee Rithenour / リー・リトナー:ギタリスト
Eumir Deodato / エウミール・デオダート:キーボーディスト
初めて買ったジャズ
A Love Supreme

map

ジャズと映画と。

紙面でコメンターがあげていたジャジーな映画
ジャジーな思い出のある映画
ウディ・アレン
・ギター弾きの恋
・ラジオ・デイズ

・モロッコへの道
空中レビュー時代

ビヨンド・ザ・シー:ボビー・ダーリン

JAZZ
ALBUM

BOOK

植草甚一







間章