オールドレンズで僕なりのシステムを構築するまでのメモ
システム構成の前に 基本のおさらい

何のためにレンズを揃えるか?

目的=被写体ありき

目的先行でレンズ構成を検討していかないと沼にハマる
・こういう写真が撮りたい。
・そのためにはこういうレンズが必要。
・最終的にこういうレンズが揃うはず。
というフロー

制約=カメラの仕様

・マウント構造
 「マウント+アダプタ+レンズ」の組み合わせによっては物理的に干渉して使用できない可能性有
・フランジバック
 フランジバックが短いボディの方がレンズの選択肢多い。
 
あとは予算

焦点距離による分類

FUJIFILMのレンズロードマップを参考に分類 1
すべての分類を網羅することが目的ではなくて、
自分がどういう写真を撮るか→必要な焦点距離の領域をはっきりさせる→単焦点とズームの使い分けを検討する→各レンズに+αの機能をつけるかどうかを検討する→自分がどの領域をカバーしているかをマッピング→最初に戻る
みたいな感じか

  • 超広角:~21mm
  • 広角:24mm
  • 標準:50mm
  • (中望遠:80mm)
  • 望遠:135mm
  • 超望遠:300mm~

要素

単焦点/ズーム
大口径
マクロ
手ぶれ補正
防塵・防滴
とか

Notes:

  1. 僕がFUJIFILMが好きだから