よしまむし

きょうのよしまむし、ではない。

radikoタイムフリーの仕様が変わっていたことに先日気がついた。仕様変更前は、タイムフリー再生開始したタイミングから3時間経過したら終了だった。いまは、タイムフリー再生開始から24時間の間で3時間分、というようになった。これは本当にありがたい。


Archie Bell & The Drells – Tighten up (1968)
アーチー・ベル&ザ・ドレルズ
でだしからかっこいい、が、この曲以外はぱっとしなかったようで “一発屋のレッテルが貼られている” のだとか。しかしまあ一発当てて50年後の今になってもラジオから流れてくるってとてつもなくすごいことだ。

アーチー・ベル&ザ・ドレルズ(Archie Bell & the Drells, 1966年 – 1980年)は、アメリカヒューストン出身のリズム・アンド・ブルースのヴォーカル・グループである。イエロー・マジック・オーケストラのカバーでも知られるタイトゥン・アップや、アイ・キャント・ストップ・ダンシングなどのヒットシングルを生み出したが、その後は大きなヒットに恵まれなかったため、いわゆる一発屋のレッテルが貼られている。


YMO Tighten up

シャーロック・ホームズ

ボスコム谷の惨劇

父親殺しの疑いをかけられた息子
状況証拠的には誰がどう見ても息子が犯人
たがしかしホームズは息子の言動から彼が殺人を犯したのではないと確信する。

原作を読み始める前に、カンバーバッチ版ホームズのドラマをちょっとだけ見てしまったのが良かったか悪かったか、カンバーバッチ演じるホームズ像が原作の雰囲気にぴったしというかまったく違和感ないものだったと読みはじめてから気づき、そうなると読みながら随所にカンバーバッチが頭に浮かんできてしまう。それはそれで良いように思うけど、すでに僕の中でホームズ像ができてしまったことが少し残念でならない。ワトスンも同じく。

マッカーシー:父親
レストレード:刑事
ペーシェンス・モーラン:ボスコム谷地所部の番後屋の娘

Prometheus

Prometheusはじめた。
ローカル環境でのサーバークライアント関係での監視はできた。
ついでにvagrant+ansibleで環境構築してみた。
後日記事にまとめておこう。
https://github.com/masahikoub/vagrantfile-prom

AWS

トレーニングを受け、ハンズオンに参加して、頭がパンパン。
消化しきれていないことが多いので週末に時間を作って頭に入れていこう。

いまはこれを読んでいる。CLIのところは実践するつもりはないので要点だけざっと読んでいる感じ。