AWSアーキテクチャの図を綺麗に、簡単にかきたくて、描画サービスをしらべてとりあえずdraw.ioを使ってみた。

使ってみた感じはとても簡単。

各サービスアイコンや枠(リージョン、AZ、VPC、サブネットなど)が用意されているので、それらを選択してサイジングして並べるだけ。レイヤーを作成できるので、Groups(各種枠)とサービスアイコンを別レイヤーで作成しておけばアイコンの選択・移動・追加なども非常に楽。

各アイテムは作成した順に背景の前後関係が設定されるので、途中でGroupsを追加したりすると、追加した枠の裏側にアイコンが隠れてしまうので選択しづらくなってしまう。枠の位置関係を変更すればいいですが、レイヤーでわけて作成しておけるとそういった一手間の面倒が減っていい。

作成した画像は各画像ファイルにエクスポートできるのはもちろんのこと、xml形式で作成結果を保存できるのでgithubでバージョン管理ができたりもする 1

AWS RDSの構成勉強のために、ノートの上でばばばっとお絵かきしたものを絵に起こしてみた。とりあえず一枚。

RDSのシングルリージョン、マルチAZ構成の絵。
RDS_Multi-AZ_SingleResion

Notes:

  1. おそらく他の描画サービスでも同様のことはできると思いますが、比較はしていないので詳しくは知りません