sketch showのお二人の音楽を初めて聴いたのは大学に入学したばかりの頃でした。
音楽好きな部活の先輩がsketch showを聴いていて、それをたまたま耳にしたのを覚えています。
テクノとかエレクトロニカというジャンルに触れたことのなかった自分には、衝撃的なカッコよさでした。
YMOも知らなかったので、細野さん、高橋さんのことは知らず、なんだこのおじさん二人。
やばいぞ。って。
それから二人の歴史を逆行していって、pupa、YMO、坂本龍一、クリスチャン・フェネス、はっぴぃえんど、大瀧詠一、松本隆、エレクトロニカ、アンビエントとかを聴くようになりました。
今の僕の音楽の好みは高橋さん、細野さんお二人に依るところが多いなあと思います。
(先輩の影響もかなりある)
音楽もさることながら、両名自身の人間的な存在感というか、人生観というようなものも今の僕に影響を与えてくれているような気がします。
年を重ねて、あんなふうになりたいなと、あこがれのような存在ですね。
細野さんの「分福茶釜」もおもしろかった。