とびらー2018の応募が、今日、13日の消印までが有効なので、仕事終わりに必要な書類を揃えて新宿の郵便局へ、行く前に、手前の世界堂で封筒とボールペン(朱記用の赤ペンを持っていなかった)を買った。それからスピード写真機で4かけ3の写真を作り、いざなかへ。

眠らない郵便局。ドキュメント72時間にも出てきたここは、24時間稼働している。絶えず人がやって来る。彼女にバレないように、局留めにしておいたプレゼント(指輪)を夜遅く取りに来る若者がいたな、というのをパッと思い出した。

(録画しておいた津軽海峡フェリー回。フェリー内で放送していた紅白歌合戦、紅組トリの石川さゆりさん「津軽海峡冬景色」。今、ここでこの曲を聴くことのなんと粋なことかと、さあさあ竜飛岬が見えたところ、で、通信状況の不具合により放送中断。復旧せず。最悪すぎる。NHKさんそれはない。ドキュメント72時間のロケに来ているNHK側も、ばつの悪さったらないだろうな。と。)

2階の夜間窓口へ上がると人の群れ。すごい。想像を超えた数に思わず吹き出す。発券機で待ち人数を確認するとちょうど100人。なんというか、圧巻。100人の待ち行列、一体どれほど待つことになるのかと。

おそらくこんな状態が毎日のように繰り返されているのだろう、局員さんの手際の良さ、人さばきは手馴れたもので、30分超で僕の番が来た。感動した。待っている人みんなが完璧に準備できているわけではなく、それなりに面倒な手続きのいるものであったり、梱包の不備によってやり直し、というケースもある中でのこのタイム。脱帽。

書類選考、受かっているといいな。