XF10かGR2か。あるいはX70か。

XF10というカメラが富士フイルムから発売になる。twitterなんか大いに盛り上がっているかと思えば、思ったほどでもない。みなが期待している感じとは違ったから?どう?

結論から言ってしまえばやっぱりX70だなあ。ということになってしまう。ぼくは。

XF10を買うかどうか、スペック、価格、用途なんかを考慮して、はたして自分にこのカメラは必要かどうか考えるときにはどうしたってGR2のことを思い浮かべないわけには行かない。だってターゲットが同じだから。単焦点コンパクトデジタルが気になる人はどっちも気になるんだ。

GR3の登場を心待ちにしているは、なおさらきになるのでは。そもそも単焦点コンパクトカメラの需要はどうなのか。GR3ってでるのかな?

GRとの比較論争はX70登場の時点でもされていたように思う。確かにスペックからみえるターゲットは似てくるだろうし、自ずと比較対象になるとはおもうが、X70とGR2は似ているようであってまるで違うカメラ。だとぼくはおもっている。少し使ってみればそれはより。単純な数値比較ではなくやっぱりあのマニュアル機構の有無で撮影体験が全く異なってくるという点が、ひっかかる。それは良し悪しの問題ではなく、はっきりとその人の好みで迷うことなく選択できるようなひっかかりポイントだと思う。

GRとX70に期待するところ。というよりはRICOHとFUJIに期待しているカメラ体験はなにか、みたいなところでぼくは先日X70を購入することになったわけで、どちらか一つを買うのだ、という状況においてはX70という解は正解だったと思っている。

2018-07-22_10-43-15

 

そして今、はたしてXF10がぼくの期待する体験を提供してくれるか。というと、どうなのかなというのが正直な印象。それだったらGR2でいいのでは。となる。「でいいのでは」となったらもう買わない。スクエアフォーマットシフト機能はぼくはいらない。bluetooth機能は便利そうだけど、別段なくても困らない。ホットシューはある方がいい。だったら、GR2でいいのでは。

とかなんとか言っておいて3ヶ月後くらいに、XF10買ってみた、とか言っているかもしれない。

コメントを残す