Redmine logo.svg
Redmine logo” by Martin Herr released the original artwork under CC-BY-SA 2.5

bitnamiでWindows7にRedmine2.5.1-1を導入してみたので、作業メモ

bitnamiのHPでRedmineを取得する。(最新版の2.5.1-1 20140514時点)
https://bitnami.com/stack/redmine/installer

【環境】

Bitnami Redmine Stack 2.5.1-1 Windows 7 Professional

【手順】

・特に何もすることがない
・インストーラをたたいて、インストーラウィザードに従って選択していくだけ
・選択肢も難しくない
・至極簡単
Redmine導入がこんなに簡単にできるとは!

  • インストーラの言語選択
  • [English]を選択して[OK]
    ※日本語を選択すると、後続のインストーラ作業で正しく文字が表示されなくなります。

  • [Yes]を選択
  • Setupの開始
  • [Next]を選択

  • コンポーネントの選択
  • [Next]を選択

  • インストール先の設定
  • [Next]を選択

  • 管理用アカウントの作成
  • 必要な情報を入力し、[Next]を選択

  • Webサーバーのポート設定
  • デフォルトの[80]のまま[Next]を選択
    ⇒ポート競合エラー
    コマンドプロンプトで確認したところ、skypeが80と443を使っていたので設定変更 →skypeのポート変更

    > netstat -anb
    
    アクティブな接続
    
    プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
    TCP 0.0.0.0:80 0.0.0.0:0 LISTENING
    [Skype.exe]
    TCP 0.0.0.0:443 0.0.0.0:0 LISTENING
    [Skype.exe]
    
  • DBの言語選択
  • [Japanese]を選択肢、[Next]

  • SMTPの設定
  • チェックをはずして[Next]

  • Bitnami Cloud Hostingに関する設定
  • 必要ないので、チェックをせずに[Next]

  • インストールの準備完了
  • [Next]を選択

  • インストールの開始
  • ファイアウォールに関する警告
  • [アクセスを許可する]を選択

  • セットアップの完了
  • [Finish]を選択

  • Bitnami Redmine Stack 2.5.1-1が立ち上がる
  • [Go To Application]を選択

  • ブラウザが立ち上がる
  • Access Bitnami Redmine Stack]をクリック

  • Redmineの画面が現れる
  • ※セットアップ完了後、ポートの状況を確認してみた
    httpdがポート80,443を使用していることが確認できた

    > netstat -anb
    
    アクティブな接続
    
    プロトコル ローカル アドレス 外部アドレス 状態
    TCP 0.0.0.0:80 0.0.0.0:0 LISTENING
    [httpd.exe]
    TCP 0.0.0.0:135 0.0.0.0:0 LISTENING
    RpcSs
    [svchost.exe]
    TCP 0.0.0.0:443 0.0.0.0:0 LISTENING
    [httpd.exe]